ParallelsのMac OS X Lion 対応について

parallels

Parallels(仮想PC)を使っているMacOSⅩを最新のLionへアップデートする際、対応バージョンのチェックとアップデート前にウイルスソフト(セキュリティソフト)をアンインストールするようラネクしーより注意書きが出されている。

パラレルズのMacOSⅩ Lion移行時注意事項

Mac OS X Lion 対応について
(2011.7.20)

Parallels Desktop 6 for Mac では「ビルド:12094」で対応いたします。
只今、ビルドを準備していますので、しばらくお待ちください。
準備ができましたら、こちらで公開いたします。

Parallels Desktop 5 for Mac 以前のバージョンでは動作しません。

なお、ラネクシーでは次の製品のユーザー登録を完了されている方を対象に
お得なバージョンアップキャンペーンを実施する予定です。

・Paralells Desktop 4.0 for Mac
・Parallels Desktop 5 for Mac

ご注意ください!

Mac OS X Snow Leopard からLionにアップグレードする前に
アンチウィルスソフトをアンインストールすることを推奨します。

以下、パラレルズ公式サポートより翻訳

事例1 仮想ハードディスクのリサイズが機能しません

Parallels Desktop を起動したときに、仮想マシンが自動的にスタートすることがあります。
ウィンドウモードで実行している Parallels Desktop 仮想マシンのウィンドウサイズを変更する際に、Mac OS X Lion のデスクトップが揺れることがあります。
Parallels Desktop のフルスクリーン表示モードにおいて、Activeコーナーでメニューバーや DOCK 表示オプションが正しく動作しない。
Parallels Desktop が Dock にアプリケーションのフォルダを追加したときに Mac OS X Lion がフリーズしたように見えることがあります。
Ubuntu 11.04仮想マシンで画面が乱れることがあります。
Spaces でいくつかの問題。
32 ビットモードで実行している古い Mac(2006年初頭頃製造)に Parallels Desktop がインストールされている場合、Lion へアップグレード中にカーネルパニックを起こす可能性があります。
Parallels Desktop 6 と共に出荷された古いビルドの Kaspersky Antivirus for Mac が Mac OS X Lion にインストールされていると、システムの異常動作やカーネルパニックが発生することがあります。

事例2 Parallels Desktop for Mac の Mac OS X Lion 対応状況

Parallels Desktop 6 for Mac は、Build 12094 以上で Mac OS X Lion 10.7 をサポートします。

注意: Parallels Desktop 6 for Mac は、Lion で追加された新機能を利用しておりません。

Parallels Desktop 5 for Mac と Parallels Desktop 4 for Mac は、Mac OS X Lion をサポートしておりません。仮に Mac OS X Lion に Parallels Desktop 4 または 5 をインストールしても実行できません。これら 2 つの Parallels Desktop for Mac は、今後もアップデート予定はございません。

以上。

ということで、既存のMac環境にParallelsをインストールし、仮想PCで動かすことはサポートされていない。対応はバージョン6のみ。また、ブートキャンプ環境での使用については別途注意書きがある。

しかし、MacBook AirでParallels Desktop4を仮想PCとしてインストールした仕様でLionへアップデートしてみたが、一応ドック上(アプリケーションとして)にParallelsのアイコンが表示され、アプリケーションの起動までは確認できている。

Parallels以外のアプリケーションでもOSⅩ Lionへの移行により使えなくなるものが多いため、環境以降で注意が必要な方は様子を見てから対応を考えるべきでしょう。

ウイルス対策ソフトのアンインストールを推奨

なお、ウイルスバスターMac、ノートンMacなどMac用ウィルス対策ソフトをインストールされている環境の場合、注意に有るよう一度セキュリティソフトのアンインストールをしてからOSアップデートをするほうがいい。アンインストール方法は通常、インストールする際にダウンロード(入手)したフォルダにアンインストーラーが付属されている事が多い。